40代、50代以降フリーランスのための成功する転職・兼業探し

フリーランスの悩みといえば、ここではインストラクターやダンサー、バレリーナ他、習い事教室の先生に関して情報を多く取り扱っていますが、最も悩みが尽きないのは月収が不安定、仕事が不安定、コロナのような影響化で仕事がなくなる可能性もある、生活ができなくなるといった、お金や将来・老後資金の不安が最も上げられます。

例えば、フリーランスのストリート系のプロダンサーで20代で、体力があってもダンスのお仕事だけで月収20万円以上を稼ぐダンサーは稀といわれています。

どこにも企業に雇われていない、フリーランスの場合、歩合制バレリーナやピラティス、ヨガの講師も同じ感じですね。

こういった習い事教室の先生の大半は全く違った重労働で時給の低い副業アルバイトをしながらなんとか暮らしています。

しかしいつまでこのような社会保障が全くなく、日本の社会では社会保障の観点から職業とて認められていないため、フリーターという状態でいることが、いつまで社会で通用するのか?



安定した生活を長続きさせるために兼業や副業、転職を考える転機が来ると思いますが、その時期が遅く思うように生計を立てられる仕事がみつからない場合も多数あります。

転職や副業の仕事がない、なかなか決まらない年齢になる前に、一般社会で通用するキャリア経験を構築していく必要があります。

今回はヨガ、ピラティス、ダンス、ピアノ、バレエ他、フリーランスの習い事教室の先生の兼業や転職について、実際にアルバイトではなく職歴につながらキャリア形成について考えていきます。

目次

フリーランスの習い事の先生やインストラクターの転職事情

日本の企業の場合、基本的にフリーターや自由職の期間が長いと副業としても社員としての転職事情はかなり厳しい状況は以前変わりません。

また中途採用枠はすでに企業で働いた経験のある既卒者が優遇されるという事実も大いにあります。

そのような日本の企業の在り方の中で、コロナ渦の中で収入を安定させるため、不足する収入の足しに長く働ける仕事を探すにしても、フリーターの期間が長いほど、そして30代、40代となるほど転職できるチャンスがかなり減ってきます。

中には書類選考漏れしてしまう、面接で上手くいかないといった悩みをもった先生やインストラクターの人も多いと相談を受けることがありました。

一本の本業だけで生涯、生計を十分に立てられる安定した仕事ができるのは一握りだけです。40代後半、50代以降になると、仲間内では土木作業、日雇いの重労働な体力系のアルバイトしかないフリーターもいます。

私の身内がITとコンサルタントに特化したエグゼクティブ転職エージェントを運営しているため、採用側の求人事情や、エージェント側の事情もいろいろ分かってしまうため、今回は採用側からの転職者を探す条件を並べてみました。

次の項目で転職条件で当てはまるフリーター、フリーランスの方は、転職や兼業を成功させるために失敗しないように十分な対策が必要です。

  • いきなり企業で正社員経験のないフリーランスから正社員への転職はかなり難しい
  • 既卒後社員経験がなくフリーランス、フリーター期間が長いほど転職はかなり厳しい状況

採用側からみた正社員経験のない20代フリーター、フリーランスの先生が転職を成功する理由

上記でお伝えした通り、転職エージェント側も採用側の企業も、できるだけ既卒後、企業で社会経験のあるできれば正社員で20代、遅くとも30代前半までの若い世代を社員として雇いたい事情があります。

リモートワークにしろ、経験のある若い世代です。

理由はかんたん。

パソコンやネットを使う仕事が企業ではメインになります。企業ごとのこういった機械の操作方法になれる程度、レベル、特に新しい仕事に対してこなしていける頭と体力の柔軟性を必要としています。

若い世代ですと、それだけまだ企業の考え・やり方に合わすことができると考えられることが多いです。

また人件費においても若い世代を雇う方が賃金が安く済むため企業側にとってもウィンウィンな関係なのです。

そのためフリーランス、フリーター兼業でアルバイトとインストラクター、習い事の先生業で生計を立てている人、兼業で生活費を稼がなくてはならない状況の講師は、例え副業でも転職は20代の早いうちに済ますべきです。

40代以上正社員経験のないフリーター、フリーランスの先生が転職時にすべきこと

フリーター期間が長くなるほど、企業側の正社員、派遣社員、契約社員の雇用形態は違いますが、転職に成功する確率が低くなっていく事情は理解いただけたと思います。

ただそうはいっても、30代、40代以上で企業で社員として働いた経験がなくても転職を成功して、生計を立てながら本業の、ヨガのインストラクターやピラティス、ジムのトレーナー、バレエやピアノ教室の先生として安定した生活を長期的に作り上げている方たちもいらっしゃいます。

さてどのように兼業、転職を成功させ、年収を2倍以上にアップアさせているのか? 知りたくないですか?

30代、40代以上の社員経験のないフリーターが転職を成功させるポイント①

関係者や友人、特に身内で転職会社の代表と深い知り合いであったり、転職エージェントで働いている運営側の人を知っている場合は、実際に会ったりZOOMで紹介して頂きましょう。

企業と強いコネクションをもっている転職エージェントや企業の運営側の関係者と深いつながりがあるほど、年齢と経験にネックがあっても、条件と就職時期ですぐに仕事が決まる場合が大いにあります。

実際に全く知らない人をプッシュするのは転職エージェント側にしても大きいリスクは抱えます。

すぐ仕事を辞めてしまわないか?

転職紹介先で大事になるトラブルを起こさないだろうか?

例え履歴書や面接での応対が素晴らしくても、上記のリスクが転職にはつきものです。そのため知人を通して紹介だと、紹介者のメンツもありますからすぐに問題を起こしたり、やめてしまったりということも防ぐことができると考えられています。

30代、40代以上の社員経験のないフリーターが転職を成功させるポイント②

30代、40代以上で正社員経験のないフリーランス、フリーター兼業生活の場合、通常の大手のリクルートやアデコ他、転職会社に登録して仕事を探しても書類選考で落とされる場合が多く、面接が行われた場合でも、企業経験なしという理由で仕事が決まらない場合が多いです。

そんなことはいってられない・・

30代、40代となって、コロナ渦に巻き込まれいきなりスタジオでの仕事がなくなったり、無収入期間が突如現れたり、長期にわたる低収入になったりと、生活レベル自体が危ういフリーランスの先生方も仲間には見受けられます。

こういった場合は、転職サポートがあるエージェントを選ぶことが先決です。

ただサポート、アドバイスを受けるだけのエージェントもあるので注意も必要です。

大手の転職エージェントで、シニア層の方も転職に成功している事例を多く扱っている次のサポート会社、そして個別に企業代表者と深い独自のコネクションをもつ転職キャリアコンサルタントと話し合い、履歴書の書き方、面接の受け方、企業側が採用に求めているアピールポイント等をじっくり学び、ローリングプレイを行いながら成功へ導く転職専門家と仕事を見つけていくことでも十分転職先がみつかります。

フリーランス、フリーター歴が長い先生やインストラクターの採用合格の実績が多い人気転職サービス

不動産業界専門の転職エージェント【RSG Real-Estate Agent】

『RSG Real-Estate Agent』は、不動産業界に特化した転職支援エージェントで、30代、40代で企業経験がなくフリーターやフリーランスの登録者にも定評があり、求職者一人ずつのサポートを選任の担当者 コンサルタントがついて就職を決めていきます。

不動産業界はコロナ渦でも求職率がかなり高く、むしろ働き手が足りない状況なので、企業経験がなくてもチャンスは大いにあります。

不動産や建設業、人事関係の専任のコンサルタントが求職者の方々と個々にお話合いをしながら、お仕事が最終的に決まるようにきめ細かい指導とヒアリングを行っていきます。

不動産業界と建設業界に特に強みを持っているエージェントでもあり、市場で出回っていない非公開の案件も多数取り扱っているため、きめ細やかな就職活動を成功へ導いているという嬉しい結果がでています。

不動産業界専門の転職エージェント【RSG Real-Estate Agent】の充実した転職サポート内容

不動産業界専門の転職エージェント【RSG Real-Estate Agent】の転職サポートは、転職が初めてなインストラクターや先生にも活用して頂くために、次のようにきめ細やかな内容が充実しています。

  • 職務経歴書・履歴書の添削・指導
  • 面接対策

フルリモートなのに正社員への求人・転職。未経験もOK【ReWorks(リワークス)】

ReWorks(リワークス)では、デザイナー、システムエンジニアの特別なスキルや経験がなくても、 フルリモートでできるお仕事はたくさん紹介しています。

特にコロナ渦の中ではオンライン営業が活発化され多くの企業がリモートワークでこれまでかかっていた交通費や事務所代等の余計なコストをかけないことで、より仕事の内容を深める構築を進めてます。

そのポイントを狙い、ここではフルリモート求人に特化した転職サイトを展開しています。

50歳を境に、やはり転職の条件は厳しくなります。40代、アラフィフであるうちに早めに登録し、とりあえず転職のエキスパートへ相談しながら仕事先を決めていくのはどうですか?



身内の話ですが、転職サポートは会社によって強みがある業界が決まっています。そのため、1社ではなく数社へ登録しながら、より自分の条件・経験にあった求人情報を提供し、手厚いサポートをしてくれる転職専門家のいるサービスと一緒に仕事先をきめていきましょう。

こういった、企業経験のない、正社員経験のないフリーランスの先生やインストラクターの人たち、個人教室の先生も生計をたてなおしていかなければ今後の将来、そして数千万円必要な老後生活も安心して迎えることがかなり厳しくなりますよね?

こういった将来の不安を取り除くためにも、転職を成功させ、企業での社員経験を長く積んだほうが収入が安定します。

未経験だけど30代、40代以降のフリータ―、フリーランスの先生はこのように生活を長期安定させる転職エージェントや転職コンサルタントをしっかりと選び、転職成功へ進みましょう。

コメント

コメントする

目次
閉じる