ダンスの留学失敗、挫折後のバイトや転職活動ならイベント運営関係の仕事なら結構見つかるよ?

ダンス留学、バレエ留学もそうですが、海外に留学したところで最近は外国語も話せる若い人は増える一方で、また海外生活や留学経験も以前より簡単にできるようになったため、専門分野で海外の有名なダンス系、バレエ系の学校を卒業できても、いざプロのダンサーとなってそれだけで余裕ある生活が十分送れるということは日本ではまず、稀ですよね?

大半のダンサー、バレエダンサーがジムのインストラクターやキッズ教室の時間講師でアルバイトしたり、まったくダンスに関係ないアルバイト生活を重ねていたり。

最近ですが、メンタリストDaigoさんのユーチューブで、女性フォロワーの一人が彼が昇進試験に受かるまで毎年結婚を延び延びにされている、このまま彼と結婚することを待っていてもいいのか?という30歳になる女性の不安な相談を耳にしました。

https://www.youtube.com/shorts/ZBu7jqSAPB4

Daigoさんの意見ははっきりしていて、そもそも本気で好きな女性に結婚を待たすことはズルズルとひきずらない。また男性の生涯年収は30代半ばでピークを迎え、それ以降、統計的にみると晩年に年収を大きく稼ぎだす人はそれほどいなく、日本の社会では30代半ばでの年収で決まってしまうということです。

年収と年齢を考えると、ダンサーやスポーツ系のインストラクターバレリーナ、その他芸術関係、スポーツ関係の先生たちは、このような年収と年齢の関係を考慮すると早めに年収をアップするべき術をみにつけるべきだと警鐘をならします。

たしかに留学から帰ってきて一般企業に就職せずにバイト生活を続けていても時給の世界で、とても一般のサラリーマンの男性の年収の上がり具合には追いつきません。

女性目線からみると、そのような男性でも魅力はあるのですが、結婚ということになると生活ですから、やはりある程度お金で苦労することは避けたいと当然思うことでしょう。

コロナ渦中、コロナ後も以前のようにシニア世代が日雇いアルバイトで生活できるほど世の中は経済的に良くなるのでしょうか? 分かればいいけど、アルバイトを複数掛け持ちしても年齢が高くなるにつれ、ただのバイト歴が長くなるだけで、生活の安定を求め正社員の転職しようにも、バイト歴は正規の職歴とは認められないです。

30代以降、アルバイト生活を続けているフリーター、ダンサー、インストラクターは早めに転職サポートをしてくれるエージェントを探し、就職活動をし、一旦は社員としての経験を積んだほうが生活の保障もあり安定もします。

さて、今回はダンサー、バレエダンサー他、インストラクター、留学帰りその後の就職難と低年収から1日でも高収入で安定した生活を求めるフリーランス、フリーターのための副業の見つけ方をノウハウを提供していきます。

目次

ダンス、スポーツ、バレエの専門能力を活かしたダンスやイベント運営のバイトは実は結構あるんです

ダンス、スポーツ、バレエの専門能力を活かした求人を探すのであれば、短期・長期アルバイト、委託契約で生活の足しに仕事をするようにしておきましょう。

この職が本業になってしまうと困ること⇩

  • 社会的に生活の保障がない
  • 将来的に年金が厚生年金の人と比べるとかなり低い年金額になり、老後の職の問題、生活費の問題がかなり深刻になってくる

短期的に数か月、数年間限定の副業、兼業としてダンサー能力を活かしたジムやスタジオの時間単位の講師であれば問題はありません。

ただこれは一般的に30代前半の女性平均年収350万円前後にも満たない場合があります。早めに一般の職歴を身に着け、副業・兼業するのであれば20代の内からオフィスで事務系、デスクワーク系、IT系の仕事の経験を積んでおくと30代、40代以降でも職歴とタイミング次第で一般事務の年収350万円~400万円前後の転職が決まる可能性が高くなります。

ダンス関連の一時アルバイトの探し方と職種

少しでもダンス関係のアルバイトにつく場合、20代、30代前半であれば年齢でアルバイトで雇ってくれる可能性が高いです。

ダンス関係、イベント、パフォーマー、スポーツ系のインストラクターや講師の職種としては、

  • バーやクラブでのダンスパフォーマー
  • キッズ向け、大人のダンス教室のインストラクターや講師、スポーツ系のトレーナーやアシスタント

ダンス関係者におすすめアルバイト求人サイト

ジム系のインストラクターとしては多少大手のスポーツジム系での求人はありますが、ダンサーそのものの求人数はかなり少なく限られてきます。

また深夜に働くことが難しい場合や、水商売の仕事の雰囲気もあるため、向き不向きがあります。

【アルバイトEX】

アルバイトEXは、大手のアルバイト求人社、マッハバイト、しゅふJOB、シフトワークス他 と提携しているため常に100万件以上のお仕事を一括検索~応募できるかなり便利な点が魅力的。

一部の案件ですが、お祝い金として求人応募者に現金振り込みで3万円〜10万円が振り込まれると高額プレゼントも期待できます。

マッハバイト

マッハバイトでは検索方法がいろいろあり、ピンポイントの条件でほしいアルバイト情報が見つかりやすいと評判です。地域や路線、職種、特徴等、自分のこだわり条件で検索できるのが嬉しいです。株式会社リブセンスが運営している東証一部上場会社なので、アルバイト求人サイトとしても業界トップクラスで信頼ができます。

ギガバイト

ギガバイトでは、通常のアルバイト求人に加え、スマホだけで稼げる在宅ワークとしても人気なモニターのバイト求人案内もあり、面接も書類もいらない自宅でスキマ時間で稼げる求人情報が多くあるのも人気サイトの1つです。

就職や転職で副業や兼業としても採用される率が高いオフィスワーク系の仕事も多く掲載されている老舗のアルバイト提供会社になります。

社員をめざすんだったらダンス他イベント運営企画の求人が結構ありますよ?

ダンスやバレエ、他自分が舞台に立つ以外に将来的にもダンス関連の仕事を続けたいのであれば、イベント運営や企画側にまわって劇場のスタッフさんとかかわりあいながら自分のポジションを会社の中で確立していくことも雇用、社会保障の面を考えるといいお話なのではないでしょうか?

ダンス経験を活かしたイベント運営系、事務系の転職情報を探すためのキーワード

  • ダンス、バレエ+求人
  • ダンス留学、バレエ留学+仕事

とググると結構ヒットしていきます。

仕事を探す時期にもよりますが、2月~3月にかけて転職、社員募集はぐっと増えます。

  • フランチャイズ系のスタジオ一般事務(ノアスクール、アーキータンツ他)
  • バレエ団や新国立劇場の運営・企画、一般事務、総務他
  • バレエショップ、ダンスショップの店員

正社員、契約社員として長期的に生活の安定を確保する傍ら、ダンサーとしての活動を続けることで、踊れなくなる年齢になっても社員としてダンス関係の仕事にずっと関わることができ、厚生年金や福利厚生もある程度保証されるので、フリーランスのダンサー1本で生活するよりも総合的に考えてベターなのではないでしょうか?

ストアカやココナラでダンサーとして知名度を上げながらレッスンを売る方法

余裕があれば、ストアカやココナラでダンサーとしての知名度を売るためにも、個人レッスンやクラスレッスンの予定を無料でできるので、これも利用するといいです。

ただダンサーとして、ダンス教室やバレエ教室、ヨガ、ピラティス、筋トレパーソナルトレーナー他、登録している専門家は数多く、すでに有名な専門家は売れますがそうでない場合、数多い同業者の中からあなたのクラスを選んでくださる確率はかなり低くなります。

このネットの告知だけで月謝が20万円以上安定して毎月手に入ることはかなり難しい状況になってます。ネットで知名度や教室宣伝をする方法の1つとしてとらえていた方が無難です。

ストアカやココナラで売れるダンス関係の商品作りのコツ

ストアカやココナラでは有名なダンサーやインストラクターの方であれば教室やパーソナルレッスンそのもの情報を商品化できますが、それほど知名度もないダンス関連の講師や先生が売れるようになるためには、個性のある商品開発が必要になります。

ここでストアカやココナラで売れている商品を検索してみました。その結果次のような情報商品が売られていることが分かりました。

  • ダンス関連の教室HP、パーソナルレッスン、トレーニングのHP
  • 上達するためのオンライン講座や通信講座
  • ダンスやバレエ、ピラティス、ヨガ、スポーツ関連、筋トレの悩み解決

専用のソフトを使いネットリサーチの結果、上記のような情報商品が売られていることが多いです。

知名度の高い人であれば、写真と名前、経歴をかんたんに登録し、詳しいことはHPを見るということでURLを登録しておけば、HPのほうで新規生徒もリピーターも集客できるメリットがあります。

また、お教室や先生、インストラクターならではのオンリー・ワン商品を売っていくことで、年収を上げていくことができるのも、ココナラやストアカならではの特徴です。

他の専門家がどのような商品をうっているのかストアカやココナラに登録して情報を得ながら、HPを作りネットショップ販売していくと、長期的に売り上げがはいるようになります。

そのためにもネットリサーチ方法、生徒さんがどのような悩みや目標をもったキーワードでネット検索しているか?ググっているか?それを研究し、オンリーワン商品を作っていく必要があります。

またネットで集客する方法やマーケティングリサーチする方法もやみくもに情報を得ながら独自の判断で行うのではなく、正しい情報の元で集客しホームページを作る必要があります。

まとめ、ダンスの留学失敗、挫折後のバイトや転職活動ならイベント運営関係の仕事


ダンス留学やバレエ留学、スポーツ系の専門学校へ留学してプロのダンサーを目指す人も多くいらっしゃいます。留学後、海外で社会保障がある劇場や企業で仕事がみつかるのが一番ですが、仕事もオファーももらえなく、結局帰国しまたオーディションを受けまくる、バイトを重ねながらチャンスを待つことも少なくありません。

たとえ講師や先生、インストラクターとして就職したとしても、委託契約やアルバイト・パートの雇用条件だと生活の保障はありません。20代後半、30代、40代になるにつれ、こういったアルバイト関連の仕事も見た目と体力低下、怪我等によりダンサーは長くは続けられる職業ではありません。

それでも生活は続き、やがて老後の生活も考える時期がやってきます。

そうした時に年金問題、社会保障の問題、貯蓄の問題等に悩まされることなく、社員としてダンス関連のお仕事でスタッフや運営、企画、事務スタッフとして企業や財団での自分の地位・ポジションを確立していくことで、生涯の保障はある程度約束されます。

ダンス経験がないダンサーやバレリーナ、一般企業での職歴がない場合、アルバイトからこういったイベント関連やダンス系のショップで一般事務や企画・運営側の社員といっしょに仕事を経験することで、転職する際に履歴が有利になります。まずはアルバイトでそのようなダンス関係の仕事の経験を積んでみましょう。

同時に近い将来自分のお教室をもって独立したい場合、ダンス関連のネットショプで収入を大幅にアップしたい場合に備え、一番簡単なアメブロ作りからネット集客方法を学んでおくのも長期的に収入を確保できることを行っておきましょう。

【アルバイトEX】

マッハバイト

ネット集客全般を学ぶためのアフィリエイトクラブ講座

コメント

コメントする

目次
閉じる