バレエに関する仕事情報

元バレリーナの人や、バレエを本格的に習っていて大人になってバレエに関する仕事に就きたいと思ったり、バレエ再開組やダンスを趣味で習っている人がバレエ関係の仕事に就きたいと思うことってありますよね?

多くの場合、企業やスタジオに雇われるサラリーマン的な仕事になります。自分が踊ること以外で長くバレエとかかわっていくことができるって素晴らしいことです。

踊ることは体力も見た目も限界があります。また日本であれば金銭的にも普通の家庭の人ならば長くは続けることができないでしょう?

40代、50代以上になって踊り続けたり、お教室でバレエを教えるために見本をみえることがケガ等でも体に無理がでてきます。そこで40代、50代でもバレエと長くかかわっていけるお仕事を実際にバレエ関係者の横のつながりでも情報を頂きました。

ただし大半の仕事は雇われる仕事になります。求人応募には年齢制限を記載することは法律で禁止されていますが、日本の多くの企業は40代後半、50代以上の職歴(社員の職務経歴)がない方は雇わない傾向にあることを考えて、早めに20代、30代前半のうちにバレエ関係の職を探すことをおすすめします。


目次

テーマパークダンサー

テーマパークダンサーとは?

遊園地やアトラクションのある施設で踊りやミュージカルのショーや、ディズニーランドのパレードのように踊りも披露できる職業になります。見に来てくれる来場者に喜んでいただけて思い出に残るような素敵なお仕事になります。

テーマパークダンサーになるための必須項目

バレエとは違い、いくつかのレベルの高いダンス技術を習得し、演技力も求められます。バレエでは気遣いよりも自分が踊ることに集中しますが、テーマパークでは大勢のダンサーとのチームワークが重要になります。

  • 高レベルな複数のダンス
  • 演技力
  • 笑顔
  • 適度な気遣い
  • チームワーク
  • お客様を楽しませる、喜ばせるサービスマインド

テーマパークダンサーになる方法

全てオーディション合格者のみできる仕事になります。

オーディション合格率はかなり低く、難関です。そのため専門学校やダンス教室でオーディション対策の準備が必要です。専門学校では現役のテーマパークダンサーから学べる講座もあるため、こういった特別な専門学校で学ぶことを特にお勧めします。

テーマパークダンサーになるための高校、大学、専門学校

日本にはテーマパークダンサーのオーディション対策を行っている専門学校が多くあります。

学費と立地、合格率によっても異なるため、最初に学校案内のパンフレットや体験入学、説明会に申し込むといいですよ。

学歴が必要というよりは実力が求められる世界です。

私と同じバレエ教室からディーズに―ランドのテーマパークダンサーに無事合格し、夢を実現させた友人は日本音楽高等学校卒です。

バレエ講師(雇われ側)

バレエ講師とは

バレエ講師はスタジオやカルチャーセンター、バレエ団やバレエ学校、個人経営のバレエ教室で先生として雇われます。

または代理の講師として急な休みや病気、ケガ、舞台等でクラスを持っている先生の代わりに代講としてスポットで教えることができます。

ただし誰でも先生になれる訳でなく、バレエの世界は横のつながりや先輩・後輩、アナログなつながりを大切にするため、こういったお仕事の話もバレエ界の強いつながりがないと難しい職業です。

賃金については要注意!

月給制のお教室は少なく1クラス単位の歩合制の場合が多くなります。先生の過去の経歴が大きくお給料に差が出てきます。プロのバレエダンサーの経歴、国内・海外のバレエ団、階級、名声度等のキャリアによってお給料も差が出てきてしまいます。

また有名なバレエスタジオや個人教室で教えていらっしゃる先生も、掛け持ちでいくつもクラスをもっていることが多く、バレエを教えるだけで経済的に安定した生活が長く続く人はごく少数です。

バレエ講師になる方法

日本ではバレエ教師になるための公的な試験はありませんが、バレエ界ならではの横のつながり、先生のつながりどうしが必要です。この事実を踏まえたうえでお仕事を探す方法は主に次の3つの方法になります。

  1. バレエ教室のアシスタント
  2. バレエスタジオ、カルチャーセンター等の先生
  3. 自分のバレエ教室を開業する

バレエ教室のアシスタント

個人のバレエ教室ではよくあることですが、生徒数が多く、一人の先生だけでは教えるクラスがたくさんな場合、子どもクラスや大人クラスをアシスタントの生徒兼先生が教えることが多くあります。この方法が昔からの日本のバレエ教室での先生になる方法です。

クラスを持たせて頂いて経験を積めば担当するクラスを増やすこともできます。

オープンスタジオのクラスを教える

オープンスタジオのバレエクラスを教える場合、ネットの求人情報でも募集してます。またバレエの知人や先生からの紹介制のみで先生を募集しているスタジオもあります。

バレエの先生 求人でネット検索してみるといくつか求人募集をしているため、サイトに登録して募集があるときにすぐに情報をキャッチできるようにリマインダーをしておくと便利です。

例えば求人ボックス、indeed等でバレエ講師の求人やアルバイト募集事項がヒットします。

バレエ教室、スタジオ開業

最終的には雇われ側ではなく、自分のバレエ教室で教えたいと希望される先生も多いのではないでしょうか?

開業資金も場合によっては公団の資金を低金利で借りることもできます。開業前には十分な開業計画・準備・生徒集客のノウハウが必要になります。やみくみに行ってもバレエ教室は開いたけど生徒さんが来ない、増えない、これでは生活費を十分に回収できるお教室をつくることができないことも多々あります。

まずは開業するにあたって相談できる教室開業コンサルタントに相談しながら計画的に開業を行っていきましょう。

スタジオは借りる場合とスタジオを経営する場合があります。開業資金に合わせてどちらのスタジオにするか?じっくり専門家に相談しながら計画を立てましょう。

一定の大きさの土地を所有している場合、バレエスタジオやダンススタジオ経営をすることもできます。この場合、レンタルスタジオとして貸し出すか、多種多様なバレエ・ダンスクラスを設ける等でクラス運営するの2つの経営方法になります。

  • スタジオレンタル業
  • クラスを設ける方法

どちらにしてもバレエやダンススタジオとして土地所有している場合でも、スタジオリフォーム、備品をそろえると500万円前後の費用は必要になります。

スタジオを経営するときは主に次の基本項目は絶対必要になります。

サロン、教室経営コンサルタントともにご自分の納得するスタジオを作りましょう。

スタジオ経営基本費用:約500万円~1000万円前後

  • スタジオ施行代
  • 広告宣伝費
  • 備品・消耗品費
  • スタッフ・講師代

スタジオ運営に必要な基本的な準備

  • 立地決め
  • 資金調達
  • 生徒マーケティング・集客
  • 広告

バレエ教室の集客方法⇒

スタジオ運営スタッフ

ダンススタジオやバレエスタジオの運営側スタッフになることも副業や兼業としてはいいアルバイトなのでは?と思います。

アルバイトとバレエ講師を兼務し、長期的にバレエスタジオの正社員として採用を交渉する方法もあります。やはりフリーランスで講師業だけを長く続けるよりも社会保障も一定のランクがあり、生活費も毎月ある程度確保できる社員になる方が、30代以降の生活を考え精神的にも安定するのではないでしょうか?

運営スタッフは事務一般、庶務の仕事になります。採用内容にもよりますが、次の能力が必要とされまた身に付きます。次への転職へのステップとしてもキャリアにつながります。

求人を探す方法はアルバイト情報に登録しておくと、最新で求人案内が届きます。

教室窓口の事務職基本内容

  • 入会手続きサポート
  • 電話・来客対応
  • HP更新、SNS更新等
  • パンフレットや簡単な文書作成
  • 入会・継続管理
  • 清掃

スタジオスタッフに必要な接客

サービス業の事務・受付窓口対応の業務となります。アルバイト雇用であると、特に男性のスタッフは来客に対して不快を与えない接客がかなり不十分はスタジオもあります。アルバイトでも社員でもサービス業のためやはりお客様に不快を与えない接客態度が基本です。お給料がどこから得られるのか?考えたら横柄な接客はできないでしょう。

スタッフの言動の悪さはスタジオ経営者に直接話が伝わります。スタジオの経営が悪化した際、正社員へ交渉したい場合等、かなり不利になるため十分接客態度に注意が必要です。

バレエショップスタッフ

バレエショップのスタッフも社員やアルバイトの求人は随時募集しています。こちらも求人サイトに登録しておくことで最新の求人情報が手に入ります。ぜひ登録しておきましょう。バレエショップHPに直接求人応募がされる場合もあります。定期的に情報を確認しましょう。

バレエショップの基本内容

  • 電話・来客等、接客
  • HP更新、SNS更新等
  • パンフレットや簡単な文書作成
  • 伝票処理
  • 小口現金処理
  • 在庫管理
  • 発注業務
  • 請求書管理
  • 清掃

舞台芸術制作スタッフ

舞台芸術制作関係の職業は主にバレエ、オペラ、コンサートや演劇等、舞台に関わる仕事で舞台装置、照明、舞台監督、舞台装置家等になります。

舞台美術スタッフになる方法

具体的にこれといった学歴や資格は必要ありませんが、多くの舞台美術家の方々は美術や演劇系の大学、高等専門学校や元舞台関係の仕事についていたダンサー、バレリーナ、オペラ歌手等の方々がスタッフとして働いています。

学校を卒業後、または舞台美術家の紹介の元、アシスタントとして技術を身に着けながら独立しフリーランスとなったり、の製作会社にいったん就職して会社で技術を学びながら舞台現場で経験を積みながら社員として活躍することも可能です。会社雇用の場合、一定の社会保障や月給がキープできるため生活的には安定します。

舞台美術家、音響、舞台照明家、舞台監督になるための有名専門学校

舞台美術系のお仕事は現在はIT技術ができることが条件になっていることが多いです。

舞台衣装制作者

最近はインスタやyoutubeで舞台衣装関係の方々が情報を流してます。舞台衣装といってもバレエやオペラだけでなく、ミュージカルや演劇、イベントでのステージ衣装をつくるには特殊なスキルが必須になります。

例えばフランスでは舞台衣装の高等専門学校があり、研修生としてパリ・オペラ座の衣装部で研修をし経験を積むことができ、バレエ衣装制作を本格的に学ぶことができます。日本ではどうやってこの職業につくのでしょうか?

舞台衣装制作者になるには

舞台衣装制作者として活躍する多くの方たちは、衣装制作会社に就職するか所属している劇団やバレエ団でデザイン制作を担当し衣装を縫うこともあります。こういった経験を活かして独立している衣装さんも現在は多いです。

舞台衣装になるための大学、専門学校

ユーチューバー

バレリーナ、ダンサーでユーチューバーとして収入を得ることも可能です。ただバレエに関してマーケティングの目線から結果を伝えるとバレエに関する動画だけでは絶対数がたりません。再生回数が多いほどグーグルのクリック広告収益が上がるため、フォロワーを増やしていくことが必須です。

やみくもに好きなジャンルで何となく動画をアップしても再生回数アップどころか、フォロワーも少ないユーチューブになってしまいます。

ブログ収益を得る時と同様、収益を大いに期待できるジャンルを決めるためのネット・マーケティング、集客方法、KWキーワードの選び方、ハッシュタグの選び方、ブログであると記事の書き方、タイトルや文中に収益アップするためのキーワードの使い方、LPの書き方、他、ジャンル選び、集客、KW選び、文章・テロップの入れ方を学びながら戦略的に行う必要があります。

編集にも一定の時間がかかるため、動画編集力も必要になります。

動画収益を得る方法はたくさんネット情報ででてます。ただどの情報が正しいのか?無料情報だけを信じてできるの?有料講座はどこの講座を選んだらいいの?こんな悩みもあります。

時間と費用は最短距離で使いたいですね。

動画編集で収益を得るために必要なツールと技術

  • 内容選びのマーケティング
  • ヒットするためのキーワード、タグ選び
  • パソコン
  • パソコンで編集能力
  • スマホ
  • スマホ三脚
  • マイク

ブロガー

ブログ収入を副業に得ながらダンサーで生活ができるようになると生活もかなり安定してきます。

バレエやダンスの仕事は不定期で年齢とともに仕事数もぐっと減っていきます。その時に生活費や将来のための多額な貯蓄のために10万単位の収入をブログで得られることで経済的にも精神的にも安定するのではないでしょうか?

これもユーチューバーと同様、誰にブログ収入を得る方法を教えて頂くのか?コンサルタントの出会いによって大きく収入が変わってしまうので注意が必要です。

お教室のHPやバレエの先生が簡単でアップしやすいアメブロは、楽天やアマゾン商品やアメーバピックと合わせると月額の収入がぐっと増えるようになります。

詳しいことを学びたい方はコチラへ

タクシードライバー

運転免許をもっていれば、舞台やリハーサル、クラス持ちの間や休日にタクシードライバーとして副業をすることもできます。働ける時間が不規則なダンサーにとっては時間の空いた時にする副業としてはベターなのではないでしょうか?

タクシードライバーの収入

タクシードライバーの収入は、稼働してお客さんを乗せた場合に発生する歩合制になります。

お客さんが捕まらない場合は0円になります。

タクシー会社によっては副業を禁止していることもあるので事前の確認が必要です。

タクシードライバーに必要な資格

タクシードライバーとして二種免許の副業するには、運転免許の二種免許が必要になります。この免許を持ってない人も。タクシー会社によってはこの免許を取得しながら副業をできる場合もあります。求人情報をしっくり読みましょう。

副業OKなタクシー会社

投資家

投資を考える人はサラリーマンやセレブに多いんです。多くは20代、30代前半から投資を行って資産を増やしたり、老後の資金、将来的に必要になるライフステージにおける資産を増やすためです。

お金を増やしたいバレエダンサー、特に年収が高い男性バレエダンサーに多いのですが、意外と投資をやっている方が多いんです。(表立っては公表しないダンサーが多いんですが💦)

少額投資しやすい人気の投資の種類

投資は投資する資金によっていろいろあります。ただ必ずしも資産が増えるわけではなく、マイナスになる要素も含んでいるため注意が必要です。

投資にはいろいろ種類がありますが、株、FX、債券、不動産、仮想通貨、個人保険、銀行の投資信託等になります。

ただ今は銀行の金利が0円にほぼ等しく、金利が無きに等しいため銀行の投資信託の商品よりは他の投資を行った方が資産が増える傾向にあります。

最もリスクが低いのは、保険会社の個人保険になります。長期継続することでもとでよりも解約時にかけた金額よりもプラスの資産が手に入ります。

株、FX、債券、不動産のような個人投資商品はある程度多額のまとまった資金を投資することで儲けるような仕組みになってます。株はおおよそ500万円以上の資金を元手にすることでプラス資産が生まれてきます。

FXは実際に私自身も半年間やっていた時期があります。

自己資金は100万。生活費や預貯金は他にあり、たとえすべて失っても生活は困らない投資資金です。100万円以上かけると1日にプラス資産となる金額も、月にたまる投資資産もかなり異なります。

FXを行う場合は、次の3つのことを増まえると資金がたまりやすいです。

  • FXを教えてくれる講師、コンサルタントに出会う
  • 可能なら最低資金100万円以上
  • FXツール

FXを教えてくれる講師がいまして、そして当時はFXツールがあり、確率は70~80%前後といわれているツールだったため、そのツールがFXの川を読んでくれて、売りどき、買い時を瞬時に教えてくれるツールでした。

欧州と日本円、アメリカ、カナダドルのみを扱っていました。
当時は1日で動く幅もかなり大きいイギリスポンド、ユーロが稼げました。

イギリスポンドは1日で川の上下がかなり大きいので、いいときに瞬時に売りにだしたことで、数時間で約1万円~3万円前後の儲けになることが多かったです。

週末は外国為替はお休みのため、仮に1日数時間パソコンとツールとにらめっこで1万円~3万円稼げたとすると20日稼働して20万円~60万円はFXでプラス資金が得られる計算です。

私は半年で約100万円のプラスになりました。

仮に元手を200万円にしたら200万円プラスの儲け、1000万円かければ1000万円の儲けが月額生じるわけです。

損切をした時も実際にありましたが、自己資金が100万円以上ある場合はFXを行って短期間で7桁以上の儲けを得てもいいのではないでしょうか?

整体師

バレエを本格的に習っている方でしたら、体の痛い箇所も一般のひとよりも痛みが理解しやすいはずです。副業としても本業としても年収アップができる職業の一つです。

整体師の資格と整体師になる方法

バレエの講師と同様、整体師になるには公的な資格は必要ありません。ただ体の構造や筋肉の動き方、痛めた筋肉をほぐす方法他独学ではやはり副業でも無理があります。

一般的には整体師になるための民間の学校や専門学校で技術を習得します。そのうえで整体院やリラクゼーションサロン、ジムやエステサロン等に就職し経験を積み、資金がたまると独立して自身のサロンを開業することもできます。

整体だけでなく、リラクゼーションの技術、アロマセラピー、カイロプラクティック、ピラティスやヨガの教室と兼務で求人を応募している場合も多く、また一般客のニーズも多いため、民間の資格ですが癒し系の資格と実務経験も積むといいでしょう。

求人サイトやアルバイト情報、整体院やリラクゼーションサロン、エステ関係のHPで直接社員やアルバイトの求人情報を載せていることも多いです。複数の求人サイトに登録して最新の情報を得て応募しながら、直接店舗のHPから応募してみましょう。

整体師の年収

一般的に整体院やリラクゼーションサロンで働く社員の年収は200万~500万ほどになります。経験と年数、知名度できまります。独立する場合は年数と知名度を活かし、1000万円越えする人気整体師も多く存在します。

サービス業要素も含まれるため、コミュニケーション能力も必要になります。もっと痛みを和らげる、治す治療ができる技術で顧客が増えます。

整体師の民間スクールの費用

整体師関連の民間の資格を取る場合、通信講座もありますが実地経験も十分必要なため通学のスクールに通うことをお勧めします。多くの民間のスクールがありますが、おおよそ30~60万円前後の費用を見積もっておくといいでしょう。

整体師になるための有名大学、専門学校、民間の人気スクール

いずれも就職サポートに力をいれ、スクールのある曜日や時間帯も多様化しているためお仕事がある人でも都合がいいときに通えるクラスが多いのが特徴です。ほかにもいろいろスクールがあります。予算と期間、就職率や就職サポートを考慮しながら自分に的確なスクールをみつけましょう。

理学療法士

理学療法士になるには国家試験に受かる必要があります。仕事の内容は、主に事故やケガ、病気の患者のリハビリをサポートします。また老人ホーム等では、高齢者のリハビリや身体機能の向上や維持をサポートする医療行為になります。

国家試験を受ける前に、施設での実習、病院での実習等が課せられています。

理学療法士の年収

理学療法士の平均年収:約426万円

厚生労働省令和3年賃金構造基本統計調査より。

職的には安定しています。総合病院、個人病院、介護施設や老人ホーム他、就職先は安定しています。

正社員以外にパート的働き方も可能なため、バレエの教えと理学療法士、整体師と複数の副業を重ねることで年収1000万円以上も現実になります。

理学療法士になる資格

理学療法士になるためには国家試験に合格することが必須です。また国家試験をうけるために医学系の大学や理学療法学科、専門学校卒業する必要もあります。国家試験の合格率はわりとよく例年7〜9割という結果がでている。

理学療法士になるための大学や専門学校は全国に多数ありますが、立地条件、学費等で適当な学校をみつけることをお勧めします。

理学療法士になる費用

理学療法士になるには、国公立大学、私立大学、専門学校によって学費がかなり異なります。

  • 国公立大学 4年間 250万円前後
  • 私立大学 4年間 600万円前後
  • 専門学校 3年生 300万~400万円前後
  • 専門学校 4年生 450万~550万円前後

大学や専門学校によっては奨学金等が多数あります。

バレエ雑誌関係へ就職

バレエ関係の雑誌社の求人情報も時々ネットで応募していることがあります。応募数・応募頻度はそれほど多くは見受けられませんが、バレエ関係の取材、記事、HP更新作業等、正社員であれば定年制度があるため生活は安定します。

最新の求人情報をえるために複数の求人ネットに登録しチャンスを活かしましょう。

バレエ関係雑誌社の職務内容

書籍・雑誌・コミック・DVD・CDの刊行・販売等

年収

350万円~500万円ほど。ただし経験や年数によって異なります。

バレエ関係雑誌社

ITが発展した結果、市場は本離れをしているため、廃業に追い込まれる雑誌社も増えています。

留学コンサルタント

バレエ留学の経験がある方は、英語やフランス語他、語学能力を高く評価してくれる企業もあります。もちろん、職歴も重要で仕事ができるうえで語学もできると副業、本職もみつかりやすいです。

留学経験をもとに留学情報を提供し、依頼者に対し留学実現サポートをするコーディネータ職です。留学アドバイザー、留学コンサルタントともいわれます。バレエだけの経験だとかなり狭い世界のため、様々な国の留学情報、コミュニケーション能力、クライアントの留学を成功させるだけの高い語学力も必要となります。

留学カウンセラーになるには

留学カウンセラーになるための公的な資格はありません。主に留学関連会社に就職、企業で留学カウンセラーで経験後、独立・開業する場合も可能です。

語学の検定試験や留学歴等、大卒が採用条件となっている企業が多いです。

  • 留学関連会社
  • 英会話スクールや語学学校
  • 留学もメインとして扱っているバレエ教室他習い事スクール
  • 小学校、中学校、高校や大学でも留学カウンセラー

求人は転職エージェント、派遣会社、アルバイト情報サイト、求人ボックスやIndeed等でも時々募集しています。

人気の職種のため求人情報がでるとすぐに応募者が殺到します。複数の求人情報に登録しておき、最新情報を手に入れ素早く履歴書や職歴を送れる状態にしておきましょう。

留学カウンセラーの年収

留学関連会社での平均年収は400万~550万前後になります。

主な留学カウンセラーの職務内容

  • 留学進路指導
  • 海外の大学、専門学校、語学学校への出願サポート
  • 語学検定取得、語学スキルアップのためのアドバイス等
  • 留学のセミナー、イベント等の企画、運営等

留学カウンセラーになるための資格

留学カウンセラーになるには公的な資格はありません。語学検定、留学経験、海外の大学卒業資格等があると有利です。

また多くの場合、大卒が条件になります。

正社員以外にもアルバイト、パート、派遣社員として副業として働くことも企業によっては可能です。開業し、ネットで留学カウンセラーを副業として行えば副収入が得られます。

また最近は語学関連のユーチューバー、ブロガーも副収入を得ています。時間は必要ですが、まずかんたんなブログやユーチューブで副収入を得ていくことはどうでしょうか?

バレエに関する仕事情報まとめ

バレエを踊ることを職業とするだけがバレエの仕事ではありません。

踊ることは正直体力も年齢の限界が40代前後で誰もが実感します。バレエと長く関係した仕事を複数もつことで、副収入もそれだけアップします。まずは複数のアルバイトや転職情報に登録し、やりたい仕事の求人のチャンスを勝ち取りましょう。

自宅で副業をするのであれば、バレエや留学関連、自分が好みのジャンルでユーチューバやブロガー等で長い期間副収入を得ていくこともできます。

留学経験があるのであれば、起業しユーチューブやブログ、HPやSNSを連動させて自宅で開業することも十分可能です。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次