バックダンサー仕事内容、給料や年収

ダンサーの職業の一つ、バックダンサーの仕事はイベントやコンサート、テレビ番組、ミュージックビデオで有名なダンサーや人気ダンサーの後ろで活躍するダンサーになります。バックダンサーの名前はそれほど一般的に知名度は知られていませんが、踊ることだけでなく生活するためにダンスを教える職業も兼務しているダンサーも多いです。

今回はその仕事内容やお給料、求人情報や年収について情報をまとめています。


目次

バックダンサーの仕事内容を詳しく調べました

バックダンサーのお仕事は冒頭でお伝えしたとおり、有名歌手や人気ダンサーのコンサート、イベント、舞台、テレビの歌番組や、ミュージックビデオで、メインのゲストの後ろで複数のダンサーとダンスパフォーマンスを披露する職業になります。

ダンサーで有名になる、独立することを目指しているダンサーが活躍しています。

バック裏のダンサーですが、即戦力となるダンサーが必要でダンスの高い技術も必要ですが、回りの共演者との同調、コミュニケーション能力、主役を一番に盛り立てることのできる柔軟な対応ができるダンサーが求められています。

コミュニケーション能力があれば、その後のバックダンサーの仕事も来るようになるし、もっと大きなコンサートや海外公演等の有名な歌手や芸能人の長期ツアーで年単位のツアーイベントのバックで踊る仕事をもらえるチャンスもあるため、人とのつながりを大切にしていきましょう。

バックダンサーの副業

バックダンサーもギャラで1日の報酬が決まる場合が大半です。そのため月給制でなく月収になり、仕事の多さ、ギャラの支払われる金額によって月収や年収がかなり左右され、生活費は不安定な状況の人も少なくありません。

そのため、バックダンサー以外にもダンス系の仕事をし、収入を増やしています。

多くの場合、次のような副業をかけもちで行って生計を立てています。

  • クラブやバーでのショーダンサー
  • スタジオでダンスインストラクター
  • 振付

例えば、今は世界で活躍されている日本人女性のバックダンサー、HERO HIROKAさんも日本でバックダンサーをしながら同時にダンスバトルに参戦したり、クラブでパフォーマンス、ダンスインストラクターとしてスタジオ教えていました。

たとえばガールズバーですが、ショーダンサーを時給2500円で募集してました。

Indeed求人より

バックダンサーの雇用形態

バックダンサーになる資格はありません。

ダンス教室で高い技術を習得する必要があります。

バックダンサーは主に次の雇用形態で活動していることが多いです。

  • 独立し、フリーとして活躍 大物バックダンサーに多い雇用形態
  • エージェントに所属し活動

ダンス教室やダンス専門学校を卒業後、経験のないままいきなりフリーで独立し、バックダンサーとして活動の場を広げたり、仕事の依頼が来ることは稀です。

芸能プロダクションに所属し、実力とコネクションを広げながら活動の場を広げているダンサーが多いです。

有名な日本人バックダンサー

現在有名なダンサーは年収1000万以上のあるビッグになってますが、人気がでるまでは芸能人や有名なダンサーのイベントやコンサートでバックダンサーをしていた時期があります。その中で、現在年収1000万円以上あり、現在有名な人気ダンサーを紹介します。

  • 関口メンディー EXILEのメンバーで、荻野目洋子のダンシングヒーローのバックダンサーをしていた時期もあります。
  • PURI(西牟田剛太)V6他、芸能人アーティーストのバックダンサーとして活躍中で、振付も同時に行っているLA帰りのダンサー兼振付しとして活躍中
  • Rui 東方神起の人気バックダンサーとして有名です。その他、安室奈美恵、加藤ミリヤ他、有名芸能人アーティストのバックダンサー兼振付師としても大活躍中です。
  • 神 優作  浜崎あゆみさんのバックダンサーとして<ジン>の名で活躍してます。後藤真希さんのバックダンサーとして活躍していた時期もあります。
  • NOSUKE スマップ、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、ジャニーズWEST、宮野真守、BTS、LiSA、DISH//、AKB48乃木坂46、他、多くの芸能人歌手のバックダンサーとして活躍中

バックダンサーの給料、年収は?

バックダンサーの給料一定の月額制でなく、ギャラが支払われる報酬制度になります。

そのため毎月の仕事をいくつ引き受けるかで月収、年収が大きく変わってきます。

バックダンサーのギャラの相場

バックダンサーの多くは、日給制でギャラが支払われる場合が大半です。

6,000円〜10,000円/日

ただし、大物歌手や芸能人のバックダンサーともなると日給が1万円以上を超えることも多く、人気なバックダンサーの場合ギャラも1コンサート、または1日数万円単位の報酬になることもあり、バックダンサーの売れ方次第になります。

バックダンサーだけで生活が余裕にできる方を除き、通常はダンスをダンススタジオのインストラクターとして、パーソナルトレーナ等と、複数の仕事をかけもちしています。そのため生活費の高い東京や都内近郊で生活ができるレベルの20万前後の月収と考えられます。

月収20万円とすると、年収はざっと240万円前後となります。けして余裕で生活ができる年収ではないようです。

大物バックダンサーの年収

世界で大物バックダンサーの年収情報をここでまとめてみました。バックダンサーで年収を稼ぐとなるとやはりアメリカへダンスを学びに留学し、そこでいろいろアーティストのつながりを作ったり、オーディションへどんどん参加したりエージェントに属して外国で活動を続けたほうがビッグチャンスがあるようです。

浜崎あゆみさんのバックダンサーだった内山麿我さん(マロさん)、推定月収250万円前後といわれています。

年収にすると一時期は3000万円前後あったといわれています。

ただ現在はダンサーをやめ、自営の農場経営や建設現場での仕事で生活をしていて月収20万円前後の生活をしていると、自身のSNSで発言しています。

バックダンサーの社会保険保障

バックダンサーでフリーランスの場合もエージェントに所属している場合も、収入が歩合制・報酬制となり収入が安定しないため、また契約形態により社員でなければ社会保険の補てんはない場合が大半です。

国民年金や国民保険へ各自加入手続きをお住まいの区役所等で手続きをする必要があります。

また収入が不安定、ケガが多い職業の場合任意加入の傷病保険や保険会社の投資も断られる場合が大半です。こういった社会保障や資産を増やすためにはやはり、副業で月給が得られる社員として何らかのサラリーマン的仕事を同時に行う方が、より安定した生活が望めます。

バックダンサー仕事内容、給料や年収まとめ

バックダンサーの仕事も人気あるダンサーをみると華やかな職業と思われがちで、その影響によりダンスを習いたい、ダンサーになりたいと夢を描く子どもたちも多くいらっしゃいます。

ただ現実として、職業となると大半のバックダンサーは複数のダンスインストラクター業をこなしたり、振付の仕事、時にはシフトの都合が効きやすいバーやクラブでのちょっとしたパフォーマンスダンス等の複数の仕事で生計を立てていることが大半です。

複数のダンス関係他の仕事をかけもちして、月収20万円前後のバックダンサーも多く決して生活が楽になる職業ではありません。

ほんの一握りのバックダンサーがアメリカにわたりダンスの修行しながらコネクションを作り、語学もネイティブ並みに話せるような段階で、アメリカンドリームのようなチャンスさえつかめれば、年収1000万円以上も現実となります。

バックダンサーのみではありませんが、年齢とともに体力の衰えによるダンスの質やテクニックの低下も考えられます。また大きなケガをする場合もあり、その保証も職業や収入が安定していないと傷病保険に加入ができない場合もあります。

バックダンサーとしてスタートをすると同時に、収入や将来的に必要なお金の必要性も視野に入れ、傷病保険や貯蓄の可能な副業や在宅ワークで副収入を増やし投資を行うことで資産が増え将来も安心です。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次