バレリーナの「ファッション関係」副業のメリットとデメリット

バレリーナの副業として最近ふえてきたなと感じるのが「レオタード屋さん」。

実際に店舗を持たないでネットショップでかんたんにショップのHPを作って、知り合いのレオタード作れるバレリーナさんとコラボしたり、デザインだけをして職人にレオタードを作ってもらったり。

 

バレエ衣装関係者にレオタード作製をいらしている人もいますよね。

 

そういう人たちの華やかなSNSでのページをみると、バレエ関係の仕事に就きたい人や、バレエ関係の副業を考えている人はうらやましいな~と思うことでしょう。

 

今回はバレリーナの副業としての「レオタード屋さん」「バレエ衣装制作」として収入をアップできるか?メリットとデメリットを分析していきます。

バレエ関係の副業としてのレオタードや衣装制作のメリット

レオタードは1着相場6000円代~1万円代しますもの。10着売れればそれだけで6万~10万はすぐに手に入りますから・・。

 

バレリーナ出身でレオタード制作での第一人者は何といってもYumikoブランドでしょう!

 

オランダのバレエ団でプリンシパルとして活躍中に少しずつ自身のバレリーナ経験からレオタード作りをスタートさせ、徐々に大きくなって今や世界中のバレエ関係者でYumikoのレオタードが着られていますよね?

 

また(私自身フランスの地方のバレエ団にいた経験からフランスのバレエ事情も元いたバレエ団やコンセルヴァトワールの元校長先生からもいろいろ情報が入ってくる関係で)パリ・オペラ座のアニエス・ルテスチュさんの現在のバレエコスチューム製作事業を手掛けていらっしゃることも思い浮かびます。

 

元夫で元パリ・オペのエトワールだったジョゼ・マルティネスさんが手がけたバレエ振付作品には常に衣装担当として素敵なグラデーションの衣装素材を使いながら、衣装を着ていてもバレリーナの体のラインがきれいにイメージされる、そんな衣装制作を手掛けていたことが思い出されます。

 

ルテスチュさんがバレエ衣装を手掛けた最初の作品は、マルティネスさんが振付けた「ドリーブ組曲」。お二人が作品を発表した2003年に舞台で踊ってます。

 

これが成功したため、次の2005年にオペラ座バレエ学校のために新作として発表した「スカラムーシュ」でも衣装作成と振付作成として二人の名前が不動のものとなっています。

 

またマルティネスさんの退団公演となった「天井桟敷の人々」でも二人の衣装制作&振付家としての才能は不動のものとなってます。

 

こういうことを目の当たりしてみるとバレリーナの人も現役中から少しずつ踊ること以外でもできるバレエに関係したことを手掛けていきたいと願うことがあるでしょう。

 

そうやって現役が終わっても仕事をもてるようになるのだから・・。

 

現役中も芸術家として、フリーランスとして、そして引退後も収入の不安にさらされたくないじゃないですか?

バレエ関係者の副業、レオタード制作・衣装制作のデメリット

でもねだれでもこのように華やかなデビューをして仕事が軌道にのっていくとは限らないんです。

 

バレエのレオタードをネットショップで販売したり、インスタだけでネットショップももたずに販売するバレエ関係者も今はかなりいらっしゃいます。見よう見まねで制作を行っている人も見受けられますが・・。

 

それに売れなければ収益にならない。

 

どうやってレオタードやバレエ商品を一般の人から買ってもらえるんでしょうか?

認知度がゼロでしょう?

 

バレエの世界にどっぷりとつかっているとバレエ団にいるときの自分の存在、バレ関係での常識はそれ以外の世界の人、趣味でバレエをやっている目線から考えるとかなりマイナーな世界なんです。

 

よっぽどバレエでプリンシパル級でメディアにでていないと名前すら知られてない。そういうこと常識なんです。

 

インスタやフェイスブック、ツイッターやアメブロ等でレオタードや商品を個人でスタートしても、どの程度いいねや登録してもらえるのか?

やっている人はもうわかってるでしょう?

 

どれほどネットショップやSNSで名前を売って商品を売っていくには、「認知度」が必要なんです。

いきなりYumikoブランドやルテスチュさんのようにファッション関係で生活が安定してできるようにはならない。

 

この認知度が一番の難関でしょうね。

 

バレリーナもできるファッション関係の副業で成功するためのポイント

バレリーナの人もバレエ関係の副業として考えられるファッション関係の仕事で成功する秘訣もないわけではありません。

 

先にみたYumikoさんやルテスチュさんの場合を分析してみました。

どちらも成功する前は、チラシ配りのような「認知度」を上げるための共通点が2つあります。

 

  1. 自分はこういうことをやっているというアピールをしながら回りを巻き込む
  2. 自分のバックアップをしてもらう

 

1は簡単ですよね。Yumikoさんの例えなら、レオタードを作りながら周りのバレリーナに着てもらい、実際にもっと動きやすい意見を聞きながら改良してよりよいものを作り上げていった。

 

2 徐々に回りのバレリーナにYumikoさんの「レオタード作り」という認知度も次第にバレエ関係者で広がることに成功していった。

 

レオタード制作が起動していくために実際のバレリーナたちが着ている、買っているレオタードということで、認知度アップ作り(=自分のブランドのバックアップ作り)にも成功したわけです。

 

起業して資金調達もでき工場をヨーロッパ内に作り、ヨーロッパのバレリーナたちも買いやすい値段で買えるようになっている。

 

これがもし日本にしか工場がないとするとヨーロッパのバレエリーナたちは日本からの「輸入」となり、関税が高くかかるのでヨーロッパでこれほどYumkikoブランドのレオタードが普及して成功したどうかは疑問です。

 

これからバレエ関係の副業、ファッション分野で成功するコツは?

バレエ関係の副業、ファッション分野でも成功していくことは可能です。これはネットの世界で認知度アップしていく方法を使うんです。

 

要はネットショップやSNSで自分のショップや商品が売れるためには、ネット検索で1位~10位内に入ればいいということ。

この話はネットビジネスの話につながっていくんだけど。

 

お教室つくりをするときにブログを作ったりHPを作ったりしますよね?それだけでは生徒は集まらない。そこでネット上の検索で上位に仕向けることが必要です。

 

何もネットの集客用の自動ツールを使わないで、自力でやることもできるけどかなり時間を要します。

 

また正しいネット上位になる方法を教えてくれる人がいないと何も知識がないままでは失敗する。

 

例えばレオタードで商品を売りたいのであれば、買う側がどんなキーワードで商品を探すか考えてみてください?

 

  • レオタード+安い、で探すのか?
  • レオタードだけの言葉で探すのか?
  • レオタード+子どもで探すのか?

 

実際に↑のキーワードでネットで探してみて、一番先にヒットするURLが一番売れているといわれています。

 

こうやって自分がレオタード探すときにどうゆうキーワードで探すか?

 

この要求が理解できれば、ネットビジネスで大切な自分ブランドショップの検索度がかなりアップしていきます。

 

だからネット関係で売っていきたい人は、この1番にヒットするためにHPつくりやブログつくりを専門の人に任せるかアフィリエイトのSEO手段を使って、自分のHPやブログを上位にあげていく必要があるんです。

 

ここで一言では書ききれないのですが、こうやってネット検索で最初のページにでているURLにのっている商品は売れていくといわれているのが、ネット商品で成功していく秘訣です。

 

私がずっと収益を上げ続けているネット関連の事業ですが、これもレオタードをネットで売っていく方法と何ら変わりはありません。売るものが違うだけです。

 

共通しているのは「どうやって商品のHPやブログを上位検索されるようにするか?」

 

これだけ一番できればあとは商品が売れていくだけなんです。

一つの方法として、バレリーナでありユーチューバのヤマカイさんです。この人はユーチューバとして「クリック広告を収益」にして成功している人です。

 

ユーチューブでバレエ商品を発表してヤマカイさんのように売れるようになれば問題ないんです。これも一つのネット販売の方法です。

 

ただ一つ難点があって。

ユーチューブもツイッターと同じで、<毎日記事(情報)を更新>しないと順位が下がっていくといわれています。

 

↑バレリーナの人たちの中にはレッスンやリハ、バレエ教室をもっていてユーチューブを作れる時間があまりないということもありますよね?

そうするとほぼ毎日情報更新するというノルマが結構できないときもあります。

 

私の知人の男性バレエダンサーもそんな感じのぼやきを言っているときもあります。男性は特に舞台や発表会でのパドドゥのリハが多くなるにつれてユーチューブをおちついて編集できる時間ももてなくなる実態もあります。

 

そうするとどうでしょう?せっかくユーチューブを育ててるのに、なかなか自分のユーチューブの広告収入が増えなくなってしまうというデメリットが大きくなってきます。

 

だから私は毎日更新することがほぼノルマのユーチューバとツイッターだけにたよるネットビジネスはしないんです。

これはアフィリエイトクラブのnihongo1000先生もよく警告を出していることです。

 

ちょっとネットビジネスを始めていない人には多少難しい話になったかもしれません。

 

レオタードやバレエ商品を売っていくという副業を成功させるのには、サイドでHPやブログをSEOに基づいて(特にキーワード設定)を続けていくと最初はアドセンス1万円と同じように戦略を組み合わせながらブログ構築×ネット収益を上げていく方法を選べばいい!

 

詳しくは私も入っている今では年収2000万円強のnihongo1000先生の「アフィリエイトクラブ」でやっていけば1年後は、バレエを仕事として副業としてのネットビジネスで成功してますよ♪

 

(nihongo1000先生のアフィリエイトクラブにはバレエ以外の多方面の芸術家も加入しているので安心して自分の世界でやっていきながら、サイドビジネスとして生活費+@を得られる情報交換もメンバーだけに限ってしてますよ)

 

nihongo1000先生のアフィリエイトクラブに興味あるかたはコチラ→

(私のHPからアフィリエイトクラブに入会してくださった人は無料の特典として、nihongo1000先生との初めての個別コンサルに、ご希望でしたら同席しますよ。初めてはだれでも不安があるので・・。)
バレエダンサー、舞台関係者のための収入アップ講座
おすすめの記事