インストラクターが自分のスクールのブログで収入をアップする方法

今回はインストラクターが自分のスクールのホームページやブログでものを売っていきながら収入をアップする方法です。


新規生徒さんを増やすネット集客ノウハウにもかなり関連している方法なので、ご自分のスタジオで教えをされている場合やこれから起業される場合にも参考にしてみてください。


ホームページやブログでものを売っていく、ノウハウを売っていくときは、商品の紹介の方法のノウハウが必要になります。


この方法は大企業のネットショップでも同様に行われている方法です。

 

(どうしてこの方法をしてちるかというと・・・?

 

私がネット知識ゼロスタートから始めずっとネットでものを売ったり、スタジオ起業まで教えて下さったコンサルタントであり元日本語教師の大先生がスポーツ系の大企業のコンサルタントを行っているから、現状の企業のネットショップでどのようなノウハウで売る戦略を行なっているか?の情報が入ってくるからです。)

 

商品や情報の詳細や解説、レビューは書く必要がありますが、それにもSEO対策が必要ですし、一般の人が探しているキーワードや、悩み改善・解決方法に結びついた文章で書く必要があります。

 

たいていの↑このひな形は、売れる商品をずっとリサーチしているとある法則があることに気が付きます。

それではいってみましょう!

目次

商品や情報の解説ばかり書いても一向に物は売れない、集客はできない



スクールのブログやホームページに生徒さんに売りたい商品や情報(自分の舞台やレッスンのチケット等)があるときにどのように売ってますか?

 

インスタやアメブロに商品の画像を適当に張り付けて、storeや独自のクレジット対応の支払いURLをくっつけているだけではないですか?

 


もちろんこの方法でも、人気の講師や先生が紹介する商品やクラスチケットは売れていきます。
知名度と固定ファンが確立できているから。

 


でも、残念なことに例えばアメブロでインストラクターのブログを見ると、ファンやフォロワー自体が0に等しい。


これではクラスチケットも売れてもそこそこ。


生活費をこれだけで賄えるとは到底思えない低い集客率です。

(https://ameblo.jp/fitnesscircle-joyfull/entry-12708845784.html)

アメブロのフォロワー100人程度しかいない・・・💦


スタジオでグッズや情報を売るために必要な文章構成とは?


先にIT専門家から先に解答をお伝えしますと、商品や情報の解説だけではダメなんです。
それでは他の人がまねて情報を書く内容と同じになってしまいます。


①情報の差別化が必要なんです。
②そして実際に試した実感がわくような独創的な感想や評価が必要。

①②ができて、さらに情報や商品が必要な生徒さんを集めるためのキーワード対策が必要になってくるんです。

ここまででいかにブログを書けばいいや、的な人の文章はまず読まれない。
グーグルはそんな文章をかいているブログやホームページを必要としていないので、ネット検索でもAI操作で場外にはじいています。

 

↑このように結局はグーグル規定(アルゴリズム)に外れてしまうので、いくらブログを書いたところで時間の無駄。


商品もクラスチケットも思うように売れていきません。

 

クラスチケットだけで生活費は稼げないです。

 

読まれる文章、売れるブログの鉄則

商品や情報がどんどん売れているブログにはそれなりのひな型があります。
これを正しく学ぶには、いろいろなネット講座も、youtube講座も、著書もでていますよ?


ネットビジネスで売れる経験をすると、その教材も講座も同じことを言っているのですが、表現の仕方や使っている文章力におよって世の中にはたくさん情報がでていて、どのノウハウが正しいのか?わからなくなってしまいませんか?


私は最初にアメブロやはてなブログを書き始めた時に↑このようなことを感じ不安になりました。


最初からすぐにモノが売れるわけでも生徒さんが増えるわけでもないので・・。


生活費とパートナーとの家のローンやその他家族の将来や老後の貯金をためるために、逆算して本業のダンサー講師として職業を失わないである程度余裕のある生活をしたかったので、必死にネットで在宅収入を得るための方法を教えてくださるコンサルタント先生を探しました。


失敗がなかったわけではありませんが、商品や情報を売るためのストーリーを書いていくための方法を学びながら、ブログを何度も書き直しました。

もちろん、自分ひとりではできませんから、すでに月収100万以上を当時叩き出していたコンサルタントの先生に定期的に指導して頂きました。


最近思うのですが、アメブロでもHPでも他のブログでも人を引き付ける魅力のある、集客力のある文章には一定の法則があることに気が付きました。

説得力のない、集客力のない商品や情報解説のブログって?

(参考https://blogtag.ameba.jp/detail/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC)

たいていのブログやHPを見ていると、誰もが次の内容をコンテンツに入れているのが見受けられます。

たいていこんな感じではないでしょうか?

スタジオの様子と関係ない日常生活の話?ですか・・・。

 

説得力のあるあなたから欲しい!と思わせる文章で必要な要素3つ

他の人と差別化するために必ず入れるポイントが上記の項目の他に大切なポイントが3つあります。

 

  • 商品の名前

  • 使った感想(自他)
    (メリット、デメリットを含め)

  • それで文章中や最後に商品リンクやチケットを買うためのクレカへ誘導

↑これは当たり前に感想を述べます。それ以外にあなただけの評価、感想として次のポイントを語りましょう!


①その情報や商品が欲しかった理由、状況、なくては解決しない問題や悩み

②商品や情報を手に入れた先の将来こうなれる、できるというプラスのイメージ

③デメリットを超えるその人なりのメリット


特に同じ悩み、改善方法を知りたい生徒さんやお客さんにとっては、悩みが改善され(解決され)その先の自分の目標を達成できるイメージが浮かぶ文章ができればOKです。

 


まとめ、インストラクターが自分のスクールのブログで収入をアップする方法

①~③の売れる商品や情報のブログを書くにあたって、生徒集客方法と同様に、最初のターゲット設定が明確にされていれば、特に②の未来像が確立されます。

 

悩みを抱えている生徒さんが解決できそうなクラスや商品があれば、一旦買うのを考えてみるかもしれないですが、どうしても解決したい、問題を改善して先に進みたいという欲求が強いほど、商品や情報は売れていきます。


たとえば、太っている人がすぐに痩せるのはムリだから、黒いレッスンファッションをすればいくらかスリムに見えます。
だから実際に太っている人をモデルにした写メと、黒ファッションのレッスンにしたときに、色彩の錯覚を使い、黒のファッションのレッスン着を売ることもできます。


最後に説得力のある文章、悩みを持つ特定の生徒さんに対する文章を書くことと、ブログからより多くの収益がでるように、IT技術的なネット集客方法の全体の文字数や商品の具体的な商標名をブログの中にちりばめる技術も必要になります。


人気のあるネット広告宣伝の著書をいくつか読むと、ここら辺のこともまとめて書かれているもの見受けられます。


ただネット検索1位を狙うための、記事の文字数やタイトルの文字数もグーグルの規定に合わせて書く必要があります。

  • 1記事の文字数はブログだいたい3000文字前後、5000文字以上だと尚可
    タイトルの文字は30~33文字以内

また専用のSNSも作って商品や情報を拡散するためのアカウントを同時発信すると、それだけネット情報で拡散され=集客効果もアップします。

 

こうやって無名のインストラクターや名前が売れていない先生でも自分のクラスの生徒を増やし続けたり、商品やクラスチケットを売っていくために、ネット集客方法や宣伝方法をじっくり学んでいくべきです。

ネット集客方法で長期資産を作るための講座➡

コメント

コメントする

目次
閉じる