インストラクターのオンライン集客に強いHPのドメイン名の決め方?

ジムやスタジオのインストラクターが独立し、お教室やスタジオ経営する場合、必ずホームページや宣伝用のSNS,ネット検索1位表示を目指すための複数ブログを同時に作っていくことが集客率を劇的に上げるためのIT技術であるということコチラですでにお伝えいたしました。

あわせて読みたい
インストラクター自営業者が生き残るためのホームページ集客テクニック ヨガやピラティス、ジム他スポーツ系のインストラクターや習い事の先生が個人経営で2022年以降も生き抜いていくには、大手のスタジオやフランチャイズのジムに対抗でき...

今回は、生徒を集めるのに強いドメイン名、つまりURL名を決める法則があるのかどうか?お伝えしていきたいと思います。

  • ドメインを決めるための人気サービス
  • ドメイン名を選ぶにあたっての注意点
  • 集客、ネット検索に強いドメインの選びかた

3点に絞って解説していきます。

目次

インストラクターの集客に強いホームページのドメイン名を決めるためのサービス

スポーツジムやヨガのインンストラクター、スタジオの講師が独立時につくるホームページ作りでまずドメインを取ることになります。

ドメインは自社URLという意味です。
このURL、世界で1つだけのURLとなります。

例えば、これ↓

https://xn--club-kk4cgh5a30akezj.shop/

https://の後のxn--club~からをドメイン名といいます。

私も最初にドメインを自分で決めることができると知ったときは結構感動しました
ドメイン名を取得するためにいくつかサービスがありますが、最も安値で多くの種類のドメインを取り扱っているサービスが、ムームードメインになります。

このムームードメインで末尾の例えば.jpや.comも選ぶことができます♪

インストラクターの集客に強いドメイン名を選ぶにあたっての注意点

例えばムームードメインでまだ作られていないドメイン名を作ることはできるんですが、ここで注意するべきことは、ドメイン名=ホームページのURLを決めたら、その先ずっとそれを使用すること。

途中でドメイン=URLを変えることももちろん自由にできますが、そうすることで今までそのURLでネット集客できていたのが、変わることでまた0から集客やり直しということになります。

またブログをホームページ替わりにしていて最終的にワードプレスでHPを作って・・・などと考えていると、これまたホームページに使っていたブログのURLが新しいワードプレス用のURLに変わることになってしまいます。

このような場合も0から集客をし直すことになってしまうので、メインのホームページを作る際は、ブログをホームページ替わりにするのか? それともワードプレスでHPを作るのか?ということをよく考えてからドメイン名を決めましょう。
 

スポーツ系インストラクター、趣味の教室のネット検索に強いドメインの選びかた

通常、大企業がホームページのドメインを考えるときにやはり集客を意識してドメイン名に時間をある程度かけます。

ドメイン名で売り上げ率がかなり変わってきてしまうので・・・。でもこういう細かいIT技術って情報が一般に出回っていないんですよね。

私もネットビジネスの基礎講座の初期段階で学んだことなんですが、集客や売り上げの効果を考えた、実は2通りのドメイン名の決め方があるんです。

ネット集客・売り上げに強いドメイン名の決め方2つ

生徒やお客様を増やすための方法の1つとしてドメイン名にも実は集客を意識した決め方が2つあるんです。

それは↓

  1. 日本語名のドメインで強化する
  2. アルファベットドメインで教室ブランディングを強化する

どういうことかというと・・・、

日本語名のドメインでネット集客を強化する方法

1商品だけの売り上げアップを意識した集客ドメインの場合、商標名を日本語で入れることで、集客アップが期待できます。

つまり、このような商品名を売り上げていくことです。
アフィリエイトclub.shop

ここではネットビジネスで収益を得るための講義を学ぶためのアフィリイトclubという固有名称の会員サイトをになります。

会員になるとアメブロ作りからスタートして、最終的にワードプレスを自分で作れるようになるまで全てアフィリエイトのマニュアルが使えるという会員限定講座です。

この日本語ドメインの場合、どちらかというとスタジオや習い事教室のホームページに使われるURLよりも、実際に1つだけの物品を売り上げたい小売業の方が多いのが特徴です。

アルファベットドメインで教室ブランディングを強化する方法

こちらのほうが個人経営のお教室やスタジオを開業し、既存の生徒さんの継続率を高めたり、新規生徒さんを増やしたい場合のURLとしてはよくみかけます。

教室またはスタジオブランディング化率を今後アップさせていくには、ドメイン名にスタジオ名を入れたり、覚えやすい名称のURLを付けることをIT技術的に超お勧めしています。

例えばバレエ教室のドメインですが、スタジオ名からカンタンにイメージできるよう、フランスのバレエメソッドを習得しながら上達するバレ教室を意識した覚えやすいドメイン名になっています。
https://franceballetcenter.website/

まとめ 、インストラクターのオンライン集客に強いドメイン名の決め方


インストラクターや講師の先生が起業してご自分の教室やスタジオを作るときには、後々の教室のブランディング化を意識して、集客率アップを目指せる短いアルファベットドメインを選ぶべきです。

またこの2つ目のドメインを決める方法は日本語ドメイン名と比較するとアクセス効果が下がるという欠点があります。


そのため、HP単体で勝負しないで、複数ブログやワードプレスで関連する記事を増やしたり、SNSで集客率を同時に強化させることで複合的に強いドメイン、集客率がアップするホームページに育っていきます。

ゼロから始めるネットビジネス講義
時間に縛られない在宅バイト「コールシェア」
未経験者向けWEBスクール【SHElikes】

コメント

コメントする

目次
閉じる