40代、独身女性ヨガ・ピラティスインストラクターの年収と老後資金

現在40代後半、アラフィフ、都内近郊在住、持ち家、自宅ローンなし。


OLから起業して自営業としてヨガ・ピラティスのインストラクターをしながら貯金を貯めようと在宅の副業で副収入を得ています。

余裕ある生活ではありませんが、一人暮らしで幸福感は感じています。


30代半ばでこのまま定年65歳を迎え、意味の少ないOLを終えて静かに余生をすごすという考えに納得できず、ヨガ・ピラティスのインストラクターとして最初はジムの正社員をして、独立をしました。

今は個人でスタジオを借りてヨガとピラティスを教えています。
生活はインストラクター業だけではできないため、在宅でできる副業を始めました。
ブログでアドセンス収入や広告費で月3万~5万ほどの収入を得ることに成功しました。

年齢もアラフィフということで、そろそろ老後のお一人様生活についてじっくり考えなおそうと思ってます。

目次

40代後半、ヨガ・ピラティスインストラクターの月収本業・副業の内訳

ヨガ・ピラティスの講師、インストラクターのお給料は、正社員、フリーランス、委託業務等、雇用形態によってかなり変わってきます。

私の場合、フリーランスで個人契約のため、週3日、一日2、3クラスをかけもちで約6万円の月収になります。

もちろんこれだけでは生活できないので、イントラ以外の仕事も副業でやっています。

  • インストラクター 6万円
  • ネット広告 5万円
  • 在宅ワーク 8万円

フリーランス、スポーツ系のインストラクターの時給


スタジオでフリーランス契約のスポーツ系のインストラクターも、自分で1クラスの時給や月謝、レッスン代が決まっています。

相場はこんな感じです↓
ヨガ・ピラティスインストラクターのレッスン代:1レッスン1500~3000円
都内や都内近郊のスタジオやジム雇用がもっとも講師代は高いです。

フリーランス、スポーツ系のインストラクターの時給:時間帯でコンビニ並みに時給増し?


都内や都内近郊の24時間営業のフランチャイズのスタジオやジムでは、コンビニのアルバイトスタッフのように深夜手当込みで時給または1クラス費用がアップするところが多いです。

大半が労働法にのっとって通常の25%割り増しで換算されます。
副業としてインストラクターをするならば、深夜時間帯で働いた方が手ッとありばやく収入を得ることができます。

スポーツ系インストラクターもできるネット広告の在宅ワーク

自営業、もしくはフリーのインストラクターのお給料や年収は、稼ぎたいと思っていても、生徒さんの数次第のため、安定した職業とはいえません。

脱サラしたときはOL時代の貯金とわずかな退職金があったので、貯金額も数百万円あったため、それほど重要視していませんでした。

起業時は生徒さんもほとんどいなく、赤字経営になってしまい、生活するだけでも結構大変な時期があり、バイトを2つ重ねてなんとか生きていた時期もあります。

こういう状況は自己責任なので今思うと良き経験になりますが、やはり経済的な基盤は重要です。そのため長期的に副業として収入がみこめるブログビジネスを学び始め5年目になります。

いろいろやることもあり、カンタンにラクにできる副業ではありませんが、ブログ収入のコツさえつかめば、グーグルのアドセンス収入や少額の広告収入は得られるようになっています。

まだまだ月5万円程度ですが、今後はこのブログの数を増やしていき、同じような成功方法で広告収入を増やすとともに、自分だけができるブランディングブログを作っていき、ブログ収入で10万円は超えたいと思ってます。

アメブロから始め、今ではHPやワードプレスまで作れるようになり、ネット集客方法も学びながらフォロワーを増やし収益アップを狙っている最中です。

スポーツインストラクターが在宅で10万円稼ぐことができる副業2つ

3つ目の収入ですが、これも在宅ワークの1つになります。


最初は躊躇しましたが、チャットレディの報酬とコールセンターの在宅ワークで月約8万円ほど得ています。

チャットレディもコールセンターも嫌な面もいい面もあります。
共通点はお客様とのコミュニケーション対応になります。

幸い、怒りやイライラすることはそれほど日常では生じないし、カットなる性格でもないので、話を聞き流しながら対話することができるようにはなってます。

チャットレディの詳細についてはコチラで詳細に説明しています。

ヨガ・ピラティスインストラクターの預金以外の老後資金調達方法

銀行預金はお給料等、最低限の資産を預けています。
利率が0%に近いため、銀行に全財産を預けていても資産は全く増えていきません。

そのため、少しでも利率がいいもので、個人年金保険を1つ2万円をかけています。
当時の利率はよく、年1.5%が最低保証があるので外貨ドルで貯めています。

マニュライフ生命のこだわり個人年金(外貨建)無配当外貨建個人年金保険(積立利率変動型)

毎月2つの年金保険では1万円ずつ自動引き落としになってます。
スタートしたのがOL時代、某自動車会社に勤めていた32歳の時。
それから65歳までの掛け金でいくら貯まるかというと。

2万円×12か月×23年=5,520,000円
1年で24万円
23年間で552万円

それに利息分がかかるので結果700万円弱は確実に貯まっています。

また現時点で65歳でもらえる年金は、厚生年金時代が13年ほどあるので、国民年金と合計すると月6万円ほどはもらえる計算です。

年金はなくなる、当てにできないという時代。これは、老後資金にはいれないでこれからの老後65歳までの18年間で、足りない老後費用をどのようにためようか試作中です。

また自宅を相続する予定なので、今はやりの自宅融資リバースモーゲージで、自宅に死ぬまで生涯住めて、自宅の価格の70%ほどは融資で資金を調達できるプランをネットで見つけました。

これだと土地代表価格推定でざっと1000万円は融資で手に入る予想なので、これを視野にいれると、個人年金額と合わせ、約1700万円の貯蓄が65歳時点でできると考えられるます。

ちょっとこのくらいの老後の費用が手に入る予想がつくので、ひとまず安心です。
あとは、投資ができるほどの預貯金はないので、毎月のブログ収入とコールセンターの副業をもう少し増やしていこうと思っています。

インストラクターの仕事は体力消耗が激しいので副業として在宅で10万円ほど稼げるように、もっと上のレベルのネット講座を学び、収入アップを目指しています。

時間に縛られない在宅バイト「コールシェア」
初心者から学べるネット収入講座
スマホチャットレディで結局稼げたのは5サイトだけ

コメント

コメントする

目次
閉じる