本当にそれでいいの?バレエの先生の将来性と安定した人生設計

突然ですが、バレエを本格的に習っていてバレエと将来(生活)で困っていませんか?

 

もうすでに18歳以上でバイトをしながらバレエ団のオーディションを目指している人も、すでに先生になっている方もいらっしゃると思います。

 

私も某都内のバレエスクールで留学や就活のコーディネートをしているため、18歳前後の生徒さんや20歳を過ぎていて海外のバレエ学校に留学することを目指している生徒さん、プロのバレリーナでセカンドキャリアについて相談を受けたりもしています。

 

そのうえで一番心配なのが、バレエを本格的にやっていてプロのバレリーナになれなかったときのこと。またプロのバレリーナになった後に他のスキルがなく、バレエ教室に雇われるか、開業するしか手段がないということ。

 

確かにこのような考え方はオーソドックスな考え方ですが、コロナ以降はスタジオも閉鎖されたり、一時休業になったりして、収入が0になったりしている先生たちも多くいらっしゃいます。

 

またいつコロナのような似た状況に陥るか分かりません。

そこで社会情勢に動揺されないように収入面は確保していきたいもの。プロのバレリーナの時でもセカンドキャリアとしてバレエ以外で収入を得られる方法を確保しておくのは生活費を得ていくうえで得策です。

 

そこで今回は習い事の先生が個人で起業した場合の一つの需要が多く、在宅でできる職業<アドバイザー、コンサルタント>を解説していきます。収入を確保できる選択肢を事前に作っておくことは非常に重要であるからです。

 

目次

バレエやピアノ他習い事の先生もできる自営業の集客コンサルタントの仕事

プロのバレリーナになった後のセカンドキャリアや、プロになれなかくてある程度バレエが踊れる人はバレエにかかわる仕事やバイトをしたいと考えることってよくありますよね・・。

 

私も若いときはそうでしたから気持ちはすごくわかります。ただ日本だとバレエ自体職業にならないので、セカンドキャリアを考え早めのキャリアアップを図ることことを考えて計画的に実行していくほうが生活費を稼ぐうえで困らないです。

 

習い事、バレエやピアノ他、個人の習い事教室っていつ生徒集客が失敗するかわからないんです。コロナやポストコロナで生徒さんたちは減少しているお教室も多いです。

 

また生徒さんがいてもスタジオに過密にならないように人数制限することで、結果、減収になってしまいます。

 

そこで今回は雇われる側のバイトではなく、自分がオーナー代表者となる自営業のコンサルタントについて詳しく解説していきます。

 

ピアノやバレエ他習い事教室の運営者が年収アップができる集客コンサルタントって?

スポーツ選手や、プロのバレリーナ、その他芸術家としてのセカンドキャリアで在宅でもでき、また100万円以上の年収アップが見込める<集客コンサルタント>がどういうことをするかということからちょっとだけ説明します。

 

集客コンサルタントとは?

集客コンサルタントという職業は、ざっというと企業、スクール業を運営している人たちの収益をネットの集客方法を使ってアップさせる仕事です。

 

そのためにHPやサイトを作って生徒集客や顧客集客を学ぶ必要があります。

 

(ITプログラムを何も学べってことではなく、アフィリエイトの基礎、自分の企業のためのHPやブログで物販や情報を提供することで収入を得ていくことを学ぶことで、クライアントのHPを作りながら集客を成功させ、結果、年収アップへとつなげることができます。)

 

nihongo1000先生のアフィリエイトクラブでは私のように初心者あからパソコンやネットのことを学びながら起業する際にHPを自分で作り、そのサイトをネットで1位につけさせ、集客も年収も劇的にアップさせることに成功している仲間がいます。

 

ネットを使って起業に成功した仲間例

あわせて読みたい
超簡単な主婦や個人起業家向けHPの企画から収益化方法までの概要 コロナ以降、在宅ワークや個人事業の収益が大手の企業の収益を抜くような収入アップをトライする人たちが増えてきました。   また単にホームページの作成だけでは...

 

誰でも初めはあります。ITプログラムができなくてもネットを使った集客コンサルタントで収入を稼ぐ方法はいくらだってあるんです。

 

集客コンサルタンとのメリット:収入が半端なく高い!

集客コンサルタントをなぜバレエやピアノ他、習い事の先生やプロの芸術家のセカンドキャリアとしておすすめした理由はというと、コンサルタント自体、時給がかなり高く設定できるからんだんです。

 

スマフォで調べてみるとすぐわかると思うんですが、個別のコンサルタントになると1時間で2~3万円が相場です。これが法人のコンサルタントになると、1クライアントにつき月額10万円が相場になります。

 

個人経営の集客コンサルタントの依頼が高い理由=稼げる職業の理由

個人で起業している集客コンサルタントが稼げる理由の大きなポイントは、HPサイトを作れることと、ネット集客ができるからです。

 

とはいってもネット集客法は正しいアフィリエイトを学んでいれば、ただyoutube収益やアマゾンや楽天でものをうったり、グーグル広告で収益を得るだけではなく、ネット集客のプロフェッショナルとして起業できることが大きなメリットです。

 

なにもHPつくりだけでなく、留学カウンセラーとしてHPにお客さんを集めるためにネット集客でどのような仕掛けを作って呼び込むか?

ということもアフィリエイトを学ぶことで理解できるようになります。

 

↑こうなると強いですよね?

 

留学経験を活かしてアドバイスしながらコンサルタント料をもらうだけでなく、自分でHPの集客方法のしかけもできるようになったら、集客アップ=収益アップにつながっていきます。

 

例えば1人5万円の留学準備~学校の選定やメールで学校への申し込み作業までだとすれば、集客アップすれば

1人5万円➡集客アップ➡10人50万円

 

月収50万円、つまりいきなり年収600万円アップになります。

これが会社に雇われていると、1年で600万円の年収アップは不可能ですよね?

 

集客コンサルタントのアドバイス内容とは?

集客コンサルタントに1回でアドバイスを求めるとたいてい、サイト診断、サイトの構造をみて集客がよりうまくいくための改善点(検索されやすいお宝キーワード探し、キーワードをちりばめたSEO考慮しながら文章の書き方、今後のサイトの方向性=どのような記事を書いていけばいいのか等)のアドバイスをくれます。

 

また月額性のコンサルタントの場合、月ごとの集約データ分析に基づく新規見込み客数アップするための改善方法をわかりやすく解説してくれます。

 

サイトの集約データですが、主に次のような専門のネット知識を分析することになります。

 

サイト集客データ分析ツール

  • グーグルアナリティクスの分析
  • 有料GRCやahrefsを使った同業サイトの比較、お宝関連キーワード探し
  • サーチコンソールでのキーワード解析

 

この3つはサイト集客改善するうえで基本なので、事前にこの分析をやってくれるかを確認します。

 

集客コンサルタントがより年収アップする方法

バレエやピアノの講師他、習い事の先生やプロの芸術家がセカンドキャリアや副業としてある程度安定した収入を確保できる集客コンサルタントですが、ホームぺージも作成代行の仕事としてできれば、かなり年間の収入はアップします。

 

相場はだいたい1サイト10万円~30万円前後になります!

 

このワードプレスでHPの作り方もnihongo1000先生の講座で学ぶことができ、最終的には起業して自分のHPを元に集客アップしながら収入を得ることを目的としている仲間も多数在籍しています。

 

アフィリエイトではワードプレスでHPやランンディングページを作っていくのは、当たり前の作業で、初心者でも学んでつくることができます。

 

生徒やお客さん集客アップもでき、HPも作れるとなる、集客コンサルタンとしても収入が大きく期待できる職業なんです。

 

このようにバレエヤピアノ他、職業として成り立ちいく日本でセカンドキャリアを歩む前に集約コンサルタントという在宅でもできる高収入な職業を副業または本業の一つとして見据えて学んでおくというのが将来的に安心です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

二子玉川・二子新地駅近のバレエのスクールはコチラ→https://franceballetcenter.website/

パリ流大人のための床バレエ筋トレクラスもやってます♪

コメント

コメントする

目次
閉じる