ピラティス競合教室のブログの抜かし方!オンラインレッスン集客方法


今ではスマホで習い事を探す時代。特に母親は、こどもの教育のために教室の評判やうわさをかなり気にするので、ググって評判のいいピアノやバレエ、塾、プログラミング教室を必死に探します。


大人であっても仕事のストレス解消に、仕事帰りに通える夜遅くまでやっているスタジオや個人教室であれば、ストレッチや体を動かす系の習い事の教室を探します。

こういったターゲットを絞った習いごと教室の集客は大半の人がスマホを使って探します。そのためスマホ表示で、競合の同業者が多い場合の生徒集客に関しては、オンラインを使った戦略が必要です。

アメブロは、ブログを使った教室集客が初心者にとってもネット検索的にも上位表示されやすいし、ワードプレスのようなサイトで記事を更新するよりも少ない文字数でもSEO的に強力なため、アメブロで生徒集客をやっていきましょう。

目次

個人教室のアメブロ集客をやっても同業者に勝てないグーグルの常識って知ってます?

個人教室の先生や独立したインストラクターの方がアメブロでクラスの情報や時には教室と全く関係ない犬の散歩とか、日常の様子をアップしているブログもみかけますが、これってアップしてお教室の存在アピールしているつもりでも全く見当はずれなことやっているのってご存じですか?

グーグルはタイトルやブログ、サイトに全く関係のないコンテンツ内容のブログはネット上でURL順位はかなり低く評価されちゃってます。

ネット検索するとき、お目当ての言葉をてきとうに入れてスマホ検索した時に、一番最初にでてくるサイトULをとりあえずクリックして内容をみますよね?

わざわざ最初のページに現れないサイトURLなんてみないですよね?


それほどネットで1位表示されること、スマホ1ページ目にあなたの教室サイトが表示されることが結局生徒数増加につながるんです。

趣味教室のためのアメブロ集客をやっても同業者に勝てないグーグル独自ルール

趣味教室の先生がある程度アメブロを毎日更新しているのに、生徒が増えない、生徒がへっていく、起業してもいっこうに生徒さんが集まってくれない、こんな悩みを抱えていらっしゃる先生なら、ネット集客ができないもう一つの厳しいグーグル事情を知っておくといいですよ。



グーグルの2021年のアルゴリスムの規定により、内容の薄い、時にはコンテンツがブログタイトルと全く違うサイトでも、企業サイトが情報発信しているサイトやHPだったり、グーグルの高い有料広告PPCを出しているサイトがネット検索1位をかんたんにとれてしまうというネット規定を勝手に作ってしまいました。

どんなにクラスの内容や名物インストラクター、先生のことを紹介したり、悩みを解決するためのテクニックや専門情報を書いたアメブロであっても、同業者で企業が同じキーワードの情報を発信している段階であなたの個人サイトはどんなに努力しても上にあがれないんです。

どうするのか?
このまま生徒を増やすための集客をあきらめるのですか?

それも一つの選択だと思います。
バイトなり派遣、正社員で月一定のお給料をもらえればとりあえず生活はできるのではないでしょうか?

ただ私は、自分の一生をイメージしたときに、ただの会社員で終わるのか?
それとも好きなこと、やりたいことを起業して独立して先生業を生涯続けるのか?

どちらが幸せかな?と考えたんです。

だから今、苦しくても厳しい状況でも教室ビジネスを続行することを決めたんです。

それではこのグーグル勝手なアルゴリスムルールをどのように回避してサイトを1位表示させてネット集客率をアップさせるか、アメブロでみていきましょう

アメブロでもちょっとだけ記事タイトルを変えるだけで上位表示されることが大いに可能です。

結果的にどのような個人教室集客用のアメブロつくりを目指せばいいのか?


狙ったブログのタイトル記事をネット検索すると、上位にブログがある場合、勝負可能です。

ブログ<<ワードプレス他で作った本格的なサイト

例えばこれ
タイトルのキーワードをラッコツールで調べます
ピラティス教室で調べてみました。

そうすると、ピラティス+地域名でヒットするのが一瞬でわかります。

試しにOLさんの多い、白金高輪をクリックすると、ピラティス+地域名だけでは該当する教室競合が多く出てきます。

広告費を払っているZENPLACEというピラティスのフランチャイズスクールが1位になってます。

このままでは強豪ライバルには勝てそうにもないので、ちょっとだけ検索キーワードをずらしてみます。

ピラティス+体型変化 で調べてみると、

zenplaceとtokyopilatisスタジオだけがでてきて、あとはピラティスをやって体型がかわるかどうかの体験談のサイトがヒットしてます。

このキーワードだとどうやら白金高輪、品川周辺のピラティススタジオでは、ピラティスで筋肉つけて体型を引き締めたい、痩せたい人、会社帰りのOLさんを生徒ターゲットにできそうですよ?

このようにちょっとだけタイトルの同義語を探す作業時間をさがしますと、あなたのアメブロ教室専用ブログが1位につきつけるのではずいぶんネット検索の力も違っています。

まとめ、ピラティス競合教室のブログの抜かし方!オンラインレッスン集客方法

ピラティスの個人教室がどのように生徒集客すればいいか、ニーズのある地域キーワードとキーワードのずらしテクニックで東京の中心地でも集客はアップできる方法がみつかりました。

ただし次のような注意点も考える必要があります。

集客数と実際に新規生徒さんが入会するということ(ネットショップだと、商品をみるクリック数が劇的に増えること=集客数、集客率と実際に商品が売れること)は全く異なる現象です。

集客数、集客率と生徒の入会数は全く違う意味合いですが、まず集客ができてないのに、つまり教室の様子や情報が書いてあるブログの存在する知らないのに、どうやってあなたの教室をオンライン上で知ってもらえて、体験クラスの問い合わせや入会っしてくれるのでしょうか?

生徒さんが増えないで教室の収益が上がらない、このままいけば廃業になると不安であればまずネット集客の仕組みを学びながら、アメブロを作りながらネット集客のやり方をそのままお教室のブログ集客へ適用させると集客率は劇的にあがります。

コメント

コメントする

目次
閉じる